あなただけの、家族にとって理想の暮らしを最高の住まいで実現したい。
建てるならそんなワクワクする家づくりがしてみたい。
それも手の届く価格で。
R+houseの住まい作りは全て誰もが憧れるアトリエ建築家と呼ばれる専門家と一緒に考えます。
自分たちの暮らしを話し、共有する。
アトリエ建築家は生活・暮らしにベストな空間づくりをご提案します。
未来の生活に向けて建築家と向き合い、暮らしを一つ一つ紡ぎながら建てる人も楽しく、作り手も楽しい。そんなワクワクする家づくり。
「設計も優れている。」「構造も申し分ない。」「間取りや仕様も予想以上。」
R+houseでは経験豊富な建築家と連携し、あなたの住まいづくりを実現します。
R+houseの家づくりは、建築家との出会いから始まります。

建築家とだからできる、「R+house」の理想の家づくりとは

R+house

注文住宅を建てる上で、一緒に家づくりを進めてくれる会社が必要です。工務店やハウスメーカー、ビルダーなどがありますが、その中でも高いデザイン力やオリジナリティーを持つことで人気なのが、一級建築士や建築家と呼ばれる独立系設計事務所です。
R+houseの建築家は、アトリエ建築家とも言われており、お客様にピッタリなデザイン力に溢れ、機能的で洗練された住まいづくりを提案します。

家族の思いをカタチにしたデザイン性の高い住まいを、
「高性能・低コスト」で実現する、それがR+houseの家づくりです。

建築家とだからできる、「R+house」の理想の家づくりとは?

建築家住宅は住まう人の想いで出来ています。
家づくりを通じて、住まう人の思いをくみ取り、理想の暮らしを思考し、世界にひとつだけの住宅を作り上げます。
「建築家との家づくり」には、大手ハウスメーカーのような、出来合いの空間の組み合わせによる家づくりでは得られない、
家族の暮らしにしっくりと馴染む感覚や空気感があります。

Step 1建築家の確かな設計力
建て主の暮らしに寄り添った自由度の高いプランとデザインを実現

R+houseの家づくりで欠かせないのが、住宅設計のプロであり知識とセンスを持ち合わせた建築家の設計力です。
一般的なハウスメーカのように、決まった規格から間取りを決めていくような型通りの設計ではなく、
この先の家族の人生を考え、間取り・キッチン・収納・ガレージとライフスタイルに合った空間づくりを自由に想像し、カタチにします。
敷地の特性を読み解き、一家族ごとに違うライフスタイルに寄り添ったプランを練り、自慢したくなるようなデザイン性の高い空間を生み出します。
住宅設計のプロ中のプロだからこそのクオリティを提供します。

お施主様と建築家との初めの打ち合わせでの緊張を解いたり、やり取りをよりスムーズにするために、住宅工房コイズミの担当者が親身になってサポートいたします。
安心して建築家との家づくりを進めていただけます。

Step 2敷地に対する理解力
マイナスの条件をいかにプラスに変えるかが建築家の腕の見せ所

変形地や狭小地といった敷地へ建築は、ハウスメーカーだと対応できないことも。
住宅設計のプロである建築家は、光の入り方や、風の抜け方といった敷地ごとに異なる環境を理解した上で、普通なら不利にとらえられがちな条件の中にも個性や可能性を見つけ出し、うまく設計に活かしながら、居心地よい住まいを生み出すことが出来ます。

Step 3R+houseのがコストを抑えられる2つの理由
無駄を省いてコストダウンを、合理的な家づくりの仕組み

R+houseが建築コストを抑えられる理由は2つ。 一つ目はアトリエ建築家との打ち合わせの回数を基本3回とコンパクトにまとめていること。
初回の打合せでは、お施主様からのヒアリング、そして建築家からのプラン提示、最終プランの確認となります。
住宅設計のプロである建築家は、何気ないような会話の中からもお施主様の要望やイメージを見つけ出し、プランに反映させることができるので、家づくりがスムーズに進みます。
二つ目は、家づくりに使用する部材や寸法、仕様、ディテールなどに対して、設計上で一定のルールを設けていることです。
細かな部分を検討する手間を省いたり、材料の無駄をなくし、工期を短縮することで、大幅なコストダウンにつなげています。
自由度の高い注文住宅と、材料を規格化してコストダウンするというハウスメーカー、それぞれの良さを併せ持っているのがR+houseのシステムです。

Step 4各専門家のサポートで完成形がイメージしやすい
ほどよい自由度とスムーズな進行

注文住宅で家を建てようとするとき、プロでない限りは、最初から明確な完成形をイメージできる人はそういません。
また、フルオーダーの注文住宅の場合、一から決めることが出来る自由度の高さが魅力である反面、こだわりすぎると時間がかかってしまいます。
R+houseは、部材や仕様、設備に一定のルールを設けたセミオーダーシステムなので完成形をイメージしやすく、程よい制限の中で自由度のあるデザインを実現できます。
デザインは建築家が、注文住宅と同様にお施主様一人ひとりに合うプランを考え、素材などは弊社インテリアコーディネーターが担当するなど、最初から最後まで各専門家がサポートいたします。/p>

Step 5目には見えない「心地よさをデザイン」
高いデザイン性とともに「高気密・高断熱・高耐震」の高性能な住まいを実現

デザイナーズ住宅は見た目はかっこよくても実際には住んだらどうなの?
一般的に建築家はデザイン優先で考えていると思われがちですが、住宅に特化した建築家はそうではありません。
「どんな暮らしがしたいか」「将来のライフプラン」「家族の趣味」「大切にしている時間」などをヒアリングし、お施主様の暮らしに寄り添った唯一無二の家を設計します。
また、デザインがいくら良くても、夏は暑くて冬は寒いようでは、快適な住まいとは言えません。
R+houseでは、高性能の断熱材フェノールフォームとMDFボードを組み合わせた「R+パネル」を採用。
このパネルを隙間なく施工することで、「夏涼しく、冬暖かい高気密・高断熱」の家をかなえるとともに、パネルの強度により、地震に強い家を実現することができます。
一般的な断熱基準や耐震等級を大きく上回る性能のため、長期優良住宅やZEH(ゼッチ)に移行しやすいというメリットも。

R+houseの建築家たち

R+houseを手掛ける建築家は現在約80名
実力は勿論の事、どの先生も気さくな方ばかりです。
そんな先生方との、『世界に一つだけの家づくり』
自分でも気づいていない、新たな一面に出会えるかもしれません。

無料相談会

住宅工房コイズミでは、
ほぼ毎日相談会を実施しています。

詳しくはこちらから